あれは誰だ、ダレだ、だれだ?! 「あの人は今・・・」

しかたないから、第一回は、井手畑 隆政氏の巻

コスモエイティからソリトンシステムズに転職し、その後さらにシーアイエスに転職。そのシーアイエスは念願の株式公開を果たすが、ソニーグループに吸収されてしまう。
あぁこれも運命かと、一念発起して俗世間に別れを告げ、京都は御室仁和寺にある密教学院に入学、若い僧に混じって辛い修行の日々に耐え、何とか一年後に坊主の免状を手にし一旦東京に戻ったのであった。
ところが、2004年3月に広島の父親が病の床に臥したとの急報で、慌てて駆けつけたが、意識が戻ることなく4ヶ月後に父は他界、そのまま後任住職として田舎の寺を継ぐことになってしまう。ご存知のように広島は安芸門徒といって浄土真宗の信者が多く、うちは真言密教なので檀家はほとんどなくて、寺としては経営困難。しかし何とかしなくてはならんから、半分は広島市内まで出稼ぎのアルバイト、セキュリティコンサルタントなんぞをやりながら、あとの半分は経を読んで祈祷する今日この頃。
そこのお嬢さん、困ったことがあったら訪ねていらっしゃい。拙僧が悟りの道にお連れしましょうぞ。

次はリレー形式にしましょうか、中川さんヨロシク。

広島県 倉橋町のお寺(白華寺)

お坊さんしてるところ

と思ってたら、ヤッター、投稿ありました!!

第二回、和田浩行氏の巻

コスモ80入社1985年の和田浩行です。

1996年に、同僚だった荻野さん&平林さんと3人で(株)ハウコムという会社を創業し、今に至っています。
業務内容は企業内Helpdesk運営を中心とした法人向けユーザーサポートです。

1998年にはコスモ80の英会話サークルで知り合った弘美(旧姓 小川)と結婚し、2001年に長男の城太朗が生まれました。

これからも、公私共々よろしくお願いいたします。

第三回、川野邊 衛 氏の巻

未だに会社では106鍵、自宅では88鍵を駆使?しています。
感慨深いことはC80でのマイコン、パソコン、ミニコン、ホストの経験が未だに役に立つことです。

神戸での単身赴任生活も4年半となりましたが、2005年春からは再び東京にも出没することに。

休日には明姫グリーンロード〜加古川右岸サイクリングロード、多摩川サイクリングロード〜吉野街道に出没しています。

第四回、橘高(畠) 眞清 氏の巻

C80最後の年から10年、私が東京転勤して18年が経ったことになります。C80経由セコム情報に21年勤続、20年以上勤めた会社が二つもあるなんて珍しい、また、私は幸せなことだと感謝しています。
環境も随分変わりましたが、多分今後とも何らかの仕事を持ち、社会との関わりの中で過ごすことになると思います。

近辺情報・・大して面白くないですが、対比してみると・・
    C80の終わり頃(H7年) 現在10年後(H17)
住居              調布市(2LDK 13万円)    広島市安佐北区・持ち家
Tall                 168cm                          166.5cm・・縮んでいる
Weight              72kg                            60kg・・・目方は変わらず
血圧(HighLvl)   180                             130
血糖値             200                            120
歯                   問題なし                      抜歯4本
眼                   視力1.5+老                 視力0.4+老・・ガックリ
耳                   やや耳鳴り                  物理的/論理的にかなり難聴
鼻                   まあまあ効く方             臭いが段々分からなくなった
Wife                Null                             The last one
GrandChild       None                           2, a boy and a girl
Job          Overseas Operations/Cad    人雇い、人入れ家業/まだ下手
英語力        自信過剰                         身の程知りボランティアみたい
  60歳でTOEIC challenge Score=760 耳が悪くなった所為と言い訳??

始めてのデジカメで初めて撮った自画像です。花粉症でやつれが増幅してしまっていますけど。

第五回、田中伸幸(602) 氏の巻

89年(平成元年)入社の田中伸幸(602)です。C80を退職後ソリトンシズテムズ、グローバルナレッジ(IT教育ベンダー)を経て、今年1月にプロのビジネスコーチとして独立起業しました。

視点を変えたり、視野を広げたりする質問を繰り返して、顧客がゴールを達成するサポートをするのが仕事です。「成果を直視するコーチング」を強く意識して仕事しています。

C80には4年半勤めました。会社に貢献するレベルではなく、むしろ人としての基盤作りをさせてもらいました。当時20代の私にとって創業世代の方々はどの方も強烈な個性を持った方ばかりで、対話すること自体が学習でした。みなさんがそれぞれの分野で活躍されているのを励みにしています。