ギャラリー佐々木亮介へようこそ

画 題: 魚野川かじか止まり
場 所: 新潟県越後湯沢
制作年:  2000年1月
サイズ: 38×27cm
一 言: かじかは、この滝を越えられないので
    「かじか止まり」と言うのだと、私のこの絵を
     見て民宿のおじさんが教えてくれました。
画 題: しんしんと(利根川源流)
場 所: 群馬県水上町粟沢
制作年: 2002年2月
サイズ: 54×39cm
一 言: 大河 利根川の源流にふさわしい神秘、静寂
     を「しんしんと」感じた雪景色でした。
画 題: 廃船
場 所: 北海道襟裳岬
制作年: 2002年5月
サイズ: 47×33cm
一 言: 札幌の友達がこの絵を見て、「ついてたね!
     昔はどこにでもあった廃船だが、今は環境
     や衛生問題から全然見かけられなくなった」
     とのこと。
画 題: 有珠山
場 所: 北海道洞爺湖
制作年: 2002年5月
サイズ: 47×33cm
一 言: 札幌を朝立ち、10時頃に洞爺湖湖畔に着
     いて、雨曇りでしたが迷わず場所が決まり
     ました。有珠山噴火の後でしたが絵になる
     情景でした。  
画 題: 北アルプス (爺ケ岳、鹿島槍ケ岳、五龍岳)
場 所: 長野県大町
制作年: 2003年3月
サイズ: 99×72cm
 
    (現場で描いた絵を、家でP40サイズに描きました)
一 言: 3月の北アルプスは、真っ青な空に雪山が
     真っ白に映え、田圃の地肌が見えだしたと
     ころに、春の足音を感じ「絵そのもの」と
     いう情景でした。
画 題: にごり水(用水路)
場 所: 千葉県今井
制作年: 2004年7月
サイズ: 53×39cm
一 言: ここは手賀沼から流れ出る小さな用水路
     で、桜や木橋等画題の豊富な場所で多く
     描いています。
     濁った水に太陽が映っているのがおもし
     ろくて筆をとりました。

お仕事お疲れ様。たまにはギャラリーにでも立ち寄って、ホッとした気持ちになってみませんか?
お茶でも飲みながら、一息ついてくださいな。