沿革

今、コスモエイティの歴史から何を学ぶか?!
1981.4.20

石川島播磨重工業(株)、碓井優(当時、情報システム室事業開発センター所長)の退職願を受理
その後、碓井の賛同者が次々に同社を退社
1981.5.25
碓井優とIHI退職者80名が中心になって会社創立、資本金2億円
呉、相生、東京(飯田橋)に事業所を開設
1982.3 日本アイ・ビー・エムとの特約店契約を締結
1982.5 オリムピック釣具(現マミヤ・オーピー)の経営権を取得
1982.11 北辰計装の経営権を取得
1983.3 本社を東京都新宿区に移転
1983.11 三菱商事、日本アイビーエムとの三社合弁会社 (株)エイ・エス・ティと
(株)エイ・エス・ティ総研を設立
1984.1 マミヤ光機(現マミヤ・オーピー)の経営権を取得
1984.10 大阪支店開設
1985.3 NTTのINS(後のISDN)実験とタイアップ、ニューメディア事業に進出
1986.7 名古屋事業所開設
1987.7 (株)エイ・エス・ティと(株)エイ・エス・ティ総研が合併し、(株)エイ・エス・ティとなる
通産省シグマ計画プロジェクトに参画
1988.12 通産省のシステムインテグレータ企業登録
1989.12 甲府事業所、広島事業所を開設
1991.1 システムインテグレータ企業認定
1991.11 事業拡大のためセコムグループ傘下に加わる
この時、資本金50億円、従業員数530名、平均年齢29.2歳
1993 セコム情報システムと合併、コスモ・エイティの幕を下ろす